雑貨&カフェ cher*cher
雑貨&カフェcher*cherのお店の紹介と店主の日々のことなど。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
扉とガラスが付いた
20060516130022
駐車場から見たかんじ。イメージ画通りといったとこだけど、ちょっとショックを受けたのは壁。当然、目地を埋めると思っていたのに、みっちり目が詰まっている…。手間を省いたらしいけど、伝えてほしかったですー!
スポンサーサイト
物件決定まで
20060425221225

>>>4/15からのつづき

物件の申し込みをしてから、数日で私に借りる権利が回ってきました。

そして、私と保証人の住民票、印鑑証明などを用意して3/17に正式契約しました。あと、特殊で「公正証書委任状」←(こんなの初めて)というものもありました。

それまでに、A店、B店、C店それぞれから連絡があり、契約する先が、紹介したA店なのか持ち主C店なのか、はっきりせずで、とても参りました・・。

結局持ち主のC店とする事になったのですが、これが「また、話が違う・・」ということになり・・(*_*)

私のもらった資料では、{保証金4ヶ月そのうち償却50%}でした。ところが、それはB店の資料で、C店での資料では、{保証金4ヶ月、礼金2ヶ月}だったのです!

先に2ヶ月分払うか、出る時に払うかの違いなのですが、初めの貴重な資金はなるべく残したいので、なんとかお願いしてみました。

そうすると、C店の人から
「当初スケルトンにするはずだった分の工事費分を改装費に当てるということで、いくらか見ます」
と提案されました。
それならば、2ヶ月分以上の金額がかからなくて済むので、それで条件をのむことにしました☆

普通、こんな事は無く、居抜きなら居抜きのまま引渡しで、撤去なども自分もちとなるので、ちょっとラッキーだったかなっ♪て思います。
A店のおじさんもびっくりしてました。

>>>>つづく
不動産屋
20060415203303

>>>4/11からのつづき

下見に行った物件は、元喫茶店だったらしく、機械系の備品はないものの、テーブル、イス、調理台、シンクなどは置き去りの状態でした。店舗が建ってから20年間ずっと営業していたという事で、ものすごく汚れており、使えそうな調理台も磨くのが大変そうっ!

しかも不動産屋C店の話では(後々、ややこしいんですが、不動産屋というのは横のつながりが強く、今回の場合→厨房屋提携のA店がB店の出している情報を知り、私に連絡。ところが、実は大本の持ち主はC店の物件だった・・。)
明日にでもスケルトン状態(骨組みだけ)に戻す工事が入る予定で、もう一人先約のお客様が検討中とのこと。

A店のおじさん(ベテランぽい)は、スケルトンにものすごく反対し、「一から作ったら馬鹿にならない、すぐに中止させて」とかなり強引にお願いしてました・・。
私的にも、物件の条件として「居抜き」(そのまま引継ぎで借り受ける)が良かったので、やり取りを見守っていたのですが、なんとか工事はSTOPしてもらえました。

→でもこの時点では予約申し込みもまだで、先約がやめたら権利が回ってくる、という程度の状態でした(^^ゞ

これが2月の下旬ごろです。

>>>>つづく
これは昔の薬ビン!?
20060411213110
お店を作ろうというまでの日々
今日一日は→
保健所へ営業許可申請(後日に講習あり)→お店のロゴ印などのスタンプ注文→警察署へ古物営業許可についての書類一式もらう→内装業者と打ち合せ

今ごろですが、ブログを作る前の開業までの流れはというと、
20才頃→30才までにお店を開こうと決意!
20~25才→雑貨スクールやお菓子料理の学校ル・コルドンブルーへ通う
20~現在→仕事ではオムライス屋、サンドイッチ屋、ケーキ屋、カフェetc..。
そして、この一年は商工会主催の起業塾に2回受講しました(^^)
夏ごろから、地元近くの半田で物件探しを開始。なんか違う..。そんなに家賃も安くはないし。ここはダメだなー!やっぱ名古屋だと思ったので、エリアを決めて、11月頃にいくつか物件を見せてもらいました。
だいたいの相場は分かったので、あとはなんとか3月までに見つけようと思っていました。
結局、今見つけた物件は、中古厨房屋さんと提携している不動産屋さんからの紹介でした(^^ゞ
初めに、電話で場所を聞いただけだったんですが、なんかピンとくるものがあり、翌日速攻アポを取って見せてもらったのです..。>>>>続く
     
copyright © 2005 雑貨&カフェ cher*cher all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。